下関短期大学

大学案内 保育学科 栄養健康学科 キャンパスライフ 入学案内 資料請求 お問合せ

保育学科

保育学科
学科紹介
取得可能資格
カリキュラム
卒業生の声
eラーニング
図書館
保育学科創作発表会
進路支援室
桜山会
下関短期大学付属高等学校
下関短期大学付属幼稚園

学科紹介

実践力のある保育者を目指します

保育学科では授業で習得した知識を、すぐに実践に結びつけられるよう工夫しています。同じ敷地内にある付属幼稚園での事前実習や、各種イベントへの参加、自然体験(キャンプ実習、野菜や芋などの畑作り)、地域の福祉施設などを訪問しての「着ぐるみショー」など、様々な実践・実習をします。机上の学習を、即現場で行うことで、体験的に実践力を身につけます。

コミュニケーションスキルに長けた保育者を目指します

保育の現場では、朝の挨拶から始まり、幼児に合わせた目線で子どもの世界に入ることになります。いつも笑顔でコミュニケーションをとり、相手の立場に立って共感することのできる保育者が求められています。教育経験の豊かな教職員とのディスカッションや豊富な実践的学習を通して、コミュニケーション能力を高めます。  

多様な音楽表現ができる保育者を目指します

保育者に必要なピアノ(楽器)演奏。最初のレッスンではまったく弾けない場合でも、卒業までに十分習得することができます。グレード別の徹底した個人レッスン、グランドピアノもある環境で演奏のスキルを磨きます。また、ピアノ以外にも様々な楽器が揃っており、こうした楽器の演奏を通して、多様な音楽表現のできる保育者を目指します。  
保健学科の教育
机上の学習を即実践
机上の学習を即実践
目の前にいるAちゃんとBちゃんがケンカした時、どのように対処すればよいでしょう?好き嫌いの多い子どもに何でもたべようという意欲を持たせるにはどんな言葉がけをすればいいでしょう?実習では実際に子ども達に接してみることで、このような様々な場面に応じた保育の方法を実践的に学びます。
本学には付属幼稚園が二園あります。その利点を活かし、一年次より本格的な実習に取り掛かります。もちろん学内では事前の準備・事後の反省をしっかり行い、実りある実習になるよう取り組みます。
個々の能力に合わせた個人指導
個々の能力に合わせた個人指導
授業の主要内容のうち、保育者の基礎技能として必須であるピアノ(器楽)は、毎週のレッスンの中で特に個々の能力に合わせた個人指導を行っており、まったく弾けないという人であっても卒業時には専門職に十分通用するまで上達することができます。本学には個人が練習するために十分な数のピアノが完備されており、休み時間等に自主練習も可能です。構内には毎朝早くからピアノを練習する音が響き渡ります。
多様な表現能力の構築!
多様な表現能力の構築!
「造形表現」や「体育」などの専門科目では、演習を数多く取り入れており実践にもとづく方法で技術を体得することができます。科目「造形表現」では保育者として、幼児の表現活動の一つである造形あそびの発達を支援するための技法を学びます。また「体育」では幼児ダンス、創作ダンス、器械体操など、幼稚園、保育園で体育あそびで必要なスキルを身につけます。
受験の方 地域一般採用担当者の方